高時給過ぎるお店には注意!

注意しておく点

ナイトワークの求人サイトを見ているとやたらと時給の高いガールズバーがあります。
ガールズバーは他のナイトワークと比べると少々時給が低く設定されているだけに、高い時給のガールズバーは視界に入りがちですが、他のガールズバーと比べて時給が高過ぎる場合、何らかの理由が隠されています。
 
 

引かれるものがある場合

時給そのものは高いものの、交通費や衣装代など「引かれるもの」が多い場合があります。
時給としての設定は高いものの、結局お店側にあれこれ引かれるのでいわゆる「手取り額」になると決して高くはないパターンです。
 
 

仕事が多いパターン

ガールズバーは気軽に働けるお店ですが、あまりにも時給が高い場合、「気軽さ」がないケースもあります。
例えば店外に出て客引き・ビラ配りも業務に入っていたり、シフト自由と銘打たれていても週〇日以上という条件付きで高時給になったり。
高時給で注意を引き付けつつ、よく見てみると掲載されている時給を手にするハードルが難しいケースもあります。
 
 
安心できるパターン

時給が高くても怪しくないパターン

時給が高いお店は「怪しい」と思った方が良いのですが、時給が高くても納得できる場合もあります。
まずは新規開店。お見せに女の子がいない状態ではガールズバーを営業することはできません。オープニングスタッフとしてとにかく一人でも多くの女の子を確保したい時には時給を高くして募集をかけるしかない以上、時給も高めになります。
繁華街など、周辺にガールズバーやナイトワークのお店が多い「激戦区」もまた、時給は高く設定されがちです。
繁華街の場合、お客集め以上に女の子集めの方が難しいので働く女の子を確保するためには時給を高く設定するしかありません。

このように、時給の高いガールズバーの求人を見かけた際には「なぜ高いのか」まで考えると良いでしょう。
繁華街でもなければ新規オープンのお店でもないガールズバーの時給が高い場合、「何かある」と考えた方が良いでしょう。