ガールズバーで働くデメリットは?

デメリットはどんなこと?

ガールズバーで働くデメリットも覚えておくべきです。
自分に合うかはもちろんですが、どのようなデメリットがあるのか分かっていれば対処の方法も見えてきます。
 
 

昼夜逆転の生活になりやすい

朝まで営業していますのでどうしても昼夜逆転の生活になりがちです。
この点はガールズバーでガッツリ働くのであれば考慮しておかなければならないことですが、割り切りさえすればさほど大きな問題にはなりません。
むしろ昼夜逆転するからこそ、高収入を得られると考えると良いでしょう。
 
 

口説いてくるお客が多い

ガールズバーのお客の9割は女の子を口説いてくると考えた方が良いでしょう。
お酒も入っています。どうしても「あわよくば」という気持ちになるのが男性客心理ですが、この点はどれだけ上手くかわせるか次第です。
相手としてもあくまでも「あわよくば」であって、本気で好きになった訳ではありませんので冗談で切り返しておくだけで良いでしょう。
むしろそこでどのようにかわすのかでその場も盛り上がりますので、本気にするのではなく冗談だと割り切って上手く切り返しましょう。

口説いてくる客が多い
 
 

立ち仕事な点もデメリット

ガールズバーはナイトワークの中でも唯一と言って良い立ち仕事になります。
他のナイトワークは椅子やソファーに座っての接客ですがガールズバーはカウンター越しに立っての接客となります。そのため、長時間働いていると疲れも出てしまいます。
ましてやヒールの高い靴だと疲れも大きなものになるので、ガールズバーで働く際にはヒールを低めにしたり、あるいは仕事が終わった後にしっかりとマッサージしたりするなど予防とケアをしっかりと考えると良いでしょう。
 
 

どちらかといえば「コツコツ」タイプ

ガールズバーは他のナイトワークと比べると「一気に稼ぐ」よりは「コツコツ」です。
他のナイトワークの場合、一晩で豪遊するお客もいるので急にお給料が増えるケースもありますがガールズバーはどちらかといえばコツコツ。逆に言えばマイペースに稼げるので、マイペースな女の子に向いています。